QRコード
QRCODE
インフォメーション

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
tucu
tucu
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2018年03月05日

太平鎮入選國家級特色小鎮

 


近日,江西省住建廳公布了我省第一批44個特色小鎮名單,特色小鎮,已經成為勢頭強勁的產業風口,為經濟建設發展帶來新的機遇。
  宜居小鎮、產業新城、現代制造、商貿物流 、休閑旅遊、傳統文化、美麗宜居……一個個各具特色的小鎮,猶如一顆顆閃亮的明珠鑲嵌在贛鄱大地。
  灣裏太平鎮 讓生活“慢”下來 康泰行程包括台北望幽谷、十分老街、阿里山森林鐵道車庫園區等等, 適合親子遊及愛好自然的你。Local Tour中所有景點都提供包車接送服務, 無需要額外另加任何費用。現時登記2人或以上同行即享優惠, 立即進入查看更多詳情!
  當前,一場以特色小鎮建設為主題的城市競賽正如火如荼地上演。其中,文旅小鎮成為各地打造特色小鎮的新寵。南昌灣裏區太平鎮以“慢生活休閑旅遊小鎮”為主攻方向,並成功入選第二批全國特色小鎮。


  太平鎮地處灣裏區西北部,位於梅嶺國家森林公園和梅嶺國家重點風景名勝區腹地。面積47.7平方公裏,水田4800畝,山林地32797畝。境內風景秀麗、氣候宜人,森林覆蓋率高達85%,負離子濃度平均每立方厘米10000個。走進太平,第一感覺就是竹翠風響,古樸雅韻。
  太平鎮黨委書記塗曄介紹,太平鎮入選國家級特色小鎮,提升了太平鎮在全國的知名度和美譽度,同時,對小鎮旅遊基礎設施和村民素質提出了更高要求,管理者需要不斷學習,進行自我提升 日本 夢幻教堂加古老神社 締造完美嫁期。
  壓力即動力。今年,太平鎮對部分景區進行了改造,並投資2千萬元重點打造九龍溪生態休閑公園。為滿足不同遊客的住宿需求,引進了竹林別苑、麗笙國際等一批面向高端群體的星級度假酒店。按照“一線多點”的布局大力發展精品民宿,以太平集鎮至洗藥湖公路為軸線,打造集鎮、老上、雷港、灣頭、南源、團山等多個點位的民宿,形成民宿產業集群。
  太平鎮以慢生活深度遊為發展方向。小鎮將以合水分場堖下村為樣板,高標准打造5個主題文化鄉村旅遊點,把遊客往村莊引流。這樣即緩減了主線路接待壓力,又滿足了追求個性遊的消費需求,還實現了旅遊扶貧 忠誠僱傭公司提供一站式家務助理、家務助理鐘點及家庭工人服務,為顧客尋找適合人選。每位僱傭都均接受專業家政訓練。。


 

  


Posted by tucu at 20:07Comments(0)旅游

2018年03月05日

長いおつきあいでしたか

  やはり、処女性というものが昔よりずっと軽く見られるようになったからでしょうなあ」


  「どういう人が受けるんですか」


  「そりゃ、やっぱり、大部分は結婚前の女性ですわ。まれには中年の奧さんが見えて、まあ、子どもを産んだあとの性生活を充実させたいからって、手術を受けるケースもありますがね」


  「なるほど」


  「赤ちゃんを生んだり、性交渉を數多く重ねたりすると、筋肉が弛《ゆる》んでしまうんですね。それで、まあ、少し細工をして緊張感を取り戻してあげる。それだけのことなんですよ」


  「娘さんたちは、すっかり安心して帰って行くわけですね」


  「そうでしょうね。私はいつも言ってやるんですよ。人間にとって大切なのは、心だって。體じゃない。いくら整形手術をしたって、心の中がちっとも変わっていなければ、なんの意味もない。この手術を受ける娘さんはみんな過去に男と関係があったわけですけれど、そういう過去をすっかり水に流して新しい人生を始めようと思っているわけでしょう。あやまちはだれにでもあることだし、たとえ真面目《まじめ》な動機で始めた戀愛だって、それが毀《こわ》れてしまい、今となっては隠しておきたいってこともあるわけでしょ。過去の出來事は一つの體験として胸の中に仕舞《しま》っておいて�ああ、馬鹿なことをした�と思うか�あれはあれでよかったんだ�と思うか、それは個人の勝手でしょうが、とにかく�今日から新しい出発をするんだ�という気持ちを持つことが大事なんですね」


  「ええ……」


  「本當のこと言えば、こんな手術やらんでもいいんですよ。本人がそういう気持ちにすっかりなれるものなら……。ただ過去のことにいつまでもこだわっていて、不幸な結婚をしたり良縁を取り逃がしたりしたら、つまらんでしょうが。大勢の中にはねえ、いつまでも古いことが気になっていて、なかなかふっ切れない人がいる。そういうふん切りをつけるために、手術が役に立つなら、いたしましょう、そういうことなんですよ」


  ドクトルはいくぶん弁解がましく告げた。


  一つの正論にはちがいないが、ドクトルとしてもこういう論理を自分の中に持っていないとやりきれなくなることがあるのだろう。


  「むつかしい手術じゃないけど、ちょっとしたこつがありましてね。まあ、ご覧なさい」


  「はい」


  その時、看護婦が入ってきて、どうやら患者がやって來たらしい。


  「じゃあ、あなたも白い上っ張りを著て、部屋のすみのほうにすわっていてください」


  ドクトルは立ち上がり、看護婦が白い手術著を持って來てくれた。彼女はいたって無表情。すこぶる事務的な態度である。


  診察室に入ると、ドクトルと患者が話している聲が聞こえる。


  「過去の男性はお一人だけですか」


  予診の段階では、こんなことを一応尋ねるものらしい。


  「いえ、三人です」


  「一番最近はいつでしたか」


  「えーと、四か月前です」


  「そのかたとはどういう関係でしたか。長いおつきあいでしたか」


  「六か月くらい」


  「関係はあったわけですね、その間ずーっと」


  「はい、同棲《どうせい》をしてましたから」


  木原の位置から女の橫顔が見えた。


  初めのうちは、女の顔を見るのが申し訳ないような気がして、あらぬ方向などを眺めていたのだが、時間がたつにつれ気持ちがいくぶん落ち著いて來た。


  端整《たんせい》な鼻筋。大きな眼。


  はっきりとは見えないが、相當な美人であることは間違いなさそうだ。


  「その前の男のかたとは、どうでしたか。やはり同棲を」


  「いえ、ちがいます。初めの人とは女子大のとき。ほんの一、二回です。次の人とは、十回くらい」


  ドクトルはカルテの上にペンを走らせる。


  かつては切ないほどに熱く、苦しく人の心をわずらわせた出來事が、すこぶる散文的に、事務的に記録されていく。


  「今までのかたとは、すっかりきれいにお別れになったんですね」


  「はい」


  「もう會ったりしちゃいけませんよ」


  「ええ、それは大丈夫です」


  女は膝《ひざ》の上でしきりにハンカチを開いたり握ったりしている。


  「近くご結婚されるんでしたね」


  「はい」


  「戀愛結婚ですか」


  「いえ、どっちかって言えば、見合いです。知っている人に紹介していただいて……」


  「結婚は決まったんですね。日取りはい

  


Posted by tucu at 20:04Comments(0)健康